内山アドバンス

採用情報

先輩の声イメージ

中央技術研究所
S.Eさん

自分ができることと、プラスαに取り組むこと

入社のきっかけ

私は大学で化学を専攻し、とにかく実験が好きでした。できれば化学実験ができる会社に就職、贅沢を言うならば研究職に就きたいと思っていました。当時は、就職難に不況が重なり、研究を縮小していく企業が多かったので、新規採用がない企業がほとんどでした。このまま就職浪人か。。。と思っているときに、大学から化学実験ができる会社があると当社を紹介していただいたことがきっかけです。

イメージ

今の仕事について

工場が生コンクリートを製造するために必要な材料「セメント・水・骨材」の化学分析実験の実施や、大学・各企業の方々とのコンクリートの配合推定に関する共同研究、構造物から採取したコンクリート(硬化しているもの)の化学分析などを行っています。化学分析だけでなく、その他にも研究所の請求書作成や小口の管理などの経理業務も行なっています。
研究所での仕事は、工場のように生産性を向上するといった明確な目標がないので、やりがいや達成感をなかなか体感しずらい部署だと思います。ですが、研究所所属という立場から、様々な場所に出向くことが多くあり、大学の先生や公的機関、ゼネコンの研究所の方々にお会し、様々な意見を伺うことができます。その意見をヒントに何か新しいことに挑戦することに面白さを感じます。また、その挑戦に結果が伴ったときにはやりがいをとても実感しています。

イメージ

今後の目標

化学分析の仕事において、自分の行なった実験結果が”規格”のなかに盛り込まれ、実際に”規格”として世の中に出回っていることで「私の実験結果が誰かの役にたっているんだな」と感じること出来ていることが一つのモチベーションになっていますが、数年前から経理の仕事にも携わるようになりました。これをきっかけに、経理関係の資格を習得しました。これまで、生コンクリートに関する資格にしか目を向けていなかったので、とても新鮮な気持ちになりました。今後は視野を広げいろいろな資格に挑戦していきたいと、新たなモチベーションも芽生えています。
是非これから応募される皆様にも、新たなことに挑戦する意思を持って入社してください。素敵なやりがいにつながると思います!

イメージ