内山アドバンス

採用情報

先輩の声イメージ

製造課
A.Kさん

「段取り八分 仕事二分」を常に意識する

入社のきっかけ

昔から建物や工事現場を見ること好きで、それに携わる仕事がしたいと思い、就職を見据えて工業高校に進学しました。
学校では、生コンクリートについて学ぶ授業があり、そもそも「生」のコンクリートとはなんなのか?という点から興味をもち、就職活動をする中で当社を見つけ説明会に参加しました。一都三県に工場を構える生コンクリート業界の大手であること、また会社の歴史などについても、とても分かりやすく説明してもらえ、なにより会社の雰囲気がとても明るく若い社員の方が多く、働きやすい職場だと思い入社を決意しました。

イメージ

今の仕事について

生コンクリートのオペレータと工場内の設備管理が主な仕事です。
オペレータは工場の要ともいえるセクションです。生コンクリートは気温の変化や材料の変動により品質が大きく変わります。工場内の仲間と連携を取り、お客様へ安定した品質の製品を届けるため、セメント・砂・砂利・混和剤の材料の変動や気温の変化など、様々な変動要因を毎日確認し微妙な変化を感じとり、考えながら業務をするよう日々努め、またそこに面白さを感じています。
当社は生産工場であるため生コンクリートの安定供給が使命です。このため、設備トラブルは絶対にあってはなりません。工場が停止し、お客様に迷惑が掛からないように日々設備と向き合って、メンテナンスも重要な業務として行なっています。

イメージ

今後の目標

私は東京都内の工場に勤務し、日本中誰もが知っているオフィスビルやマンションの工事に参加できることに喜びを感じ、自覚と誇りをもって業界一のオペレータを目指して頑張っています。
また、この業界にはコンクリート技士、主任技士、診断士といった様々な資格があり、当社は積極的に資格取得のサポートをしてくれます。まずは、コンクリート技士の取得、その先は主任技士、診断士といった資格にもチャレンジしていきたいと考えています。
生コンクリートは、化学反応で固まるって知ってましたか?凄く奥が深い製品で、上記でもお伝えしましたが、毎日全く同じ製品にはならないので、日々変化を感じ、考えながら仕事をできるとてもやりがいのある仕事です。自分の作ったコンクリートが建設現場で使われ、ビルやマンションになり、形になっていく過程を見ることができ、自分達の仕事が「形」になる喜びを一緒に感じてみませんか!

イメージ